傍聴席の特徴

| 未分類 |

テクノロジー08我が国の日本国憲法には「裁判の対審及び判決は、公開法廷でこれを行う」とあります(同法82条1項)。このことから、当然に憲法上の建前から照らし合わせてみると、私達一般市民は裁判所での各事件の傍聴を自由に出来るかに見えます。しかし、現実にはどうもそうではないようです。なぜなら、先程に挙げて見た憲法82条の第2項には、裁判官の全員一致による決議で様々な理由によりこれを制限出来る規定があるからなのです。実はこれが現在、裁判所での傍聴席を巡る傍聴者の知る権利(憲法21条1項)を裁判官や国の恣意で過度に制限出来かねないといった点で問題になっているようです。事実、過去の最高裁判所による傍聴者のメモ採取を巡る判例(レペタ事件:最大判平成元年3月8日)では傍聴者の知る権利の尊重に配慮しつつ、「メモを採る自由には合理的な制限を加えることが出来る」と判示して当該事件での裁判所による傍聴者への制限的扱いを合憲としています。このためこの判例は、世論から「メモを採る自由に対する制限については目的・手段が厳格に審査されなければならない」として大きな批判を受けています。このように、裁判所の傍聴席ではそこの裁判官による判断次第で傍聴を制限されたりされる怖れがあるので要注意かもしれません。