ホームページの開廷表

| 未分類 |

テクノロジー03開廷表というのは、その日の事件の一覧表のことを意味しています。ホームページでその日に行われる裁判の詳細を確認することができません。傍聴というのは、法廷が開かれていればすることができます。通常は法廷の入り口に裁判の開廷表が掲示されています。事前に申し込まなくても傍聴できる場合もあるのです。わざわざ裁判所へ行って裁判の予定を見るのは手間がかかりますが、詳細を知るためには一番有効です。電話で問い合わせできる場合もあります。ホームページのには、担当裁判官と曜日だけしか記載がないので、具体的な事件名を知るためには裁判所へ行く必要があります。掲示板のほかにも受付にも記載されたものが置かれていることもあります。一番確実な方法というのは、裁判所に行き裁判の件数や事件名を確認することです。公判は10時ごろから開始をされます。裁判所当局がインターネットで事件名など詳細を記載していませんが、傍聴券を取得できるものを知ることができる場合があります。この傍聴券というものは、傍聴希望者が多いと思われるものに関して配られるものです。わいせつ事件の公判などの予定は、被害者や関係者に考慮して、掲載をしていないこともあります。