見学する方法

| 未分類 |

テクノロジー09裁判員制度が制定された影響か、最近では一般人の裁判の傍聴に対する興味が大きくなっているようです。
では、実際に裁判を傍聴するためにはどうすればよいのでしょうか?
裁判の傍聴には規制は基本的にはありません。
事前に申し込まなくとも傍聴席に座って見学することが可能です。
例外も存在して、話題となった事件など、傍聴人数が多い裁判に関しては、傍聴券というチケットを手に入れなければ見学することはできませんし、簡易裁判所などで扱う非公開の裁判も見学はできません。
しかし、基本的には一般人でも簡単に見学することができます。
簡単であってもいくつかの注意点が存在します。
まず、法廷内では裁判長が法廷の秩序を保つために指示を出すことがあります。その際は必ずその指示に従わなくてはなりません。
また、法廷内では騒いだりしてはいけません。大声を出したりして、裁判の邪魔をしてはいけません。
そして携帯電話などの記録機器を持ち込むことも禁止されています。
などなどつらつらと注意点を記述しましたが、一般常識に外れない程度の常識を持っていれば引っかかるとはないでしょう。
いつ裁判員に選ばれるかわからない時代でありますので、1度見学してみるのもよいのではないでしょうか?