裁判の膨張とその際の注意点

| 未分類 |

テクノロジー05我が国日本では、現在の裁判所法の規定にもあるように裁判所の権限といったものについてはあくまで、一切の法律上の事件のみを裁判で扱うものと定められています(同法3条1項等)。ところが、時代の変化とともに現在の世の中では機械コンピューター技術等の著しい発達により、それまで考えられもしなかった様々なトラブルとかが発生し、そのためこのトラブルを法律上の争訟事件として扱う機会が裁判所としても近年において大きく増加している傾向にあります。こういったこともあり、その分において裁判所による扱う裁判の事件数の膨張が大変深刻であるといえます。確かに裁判所自体の独立なども、現在の日本国憲法に定められてはいます(憲法76条等)。しかし、いずれにしろ裁判所の裁判官自体が内閣によって任命されている以上(憲法79条及び80条)、これらの事件を通じて公権力による一私人への人権介入などを招く恐れがあるので、ここが最もな注意点といえます。この事をも考慮して、現在裁判員制度などが刑事事件で採用されてはいますが、裁判員に選ばれた一私人の扱った事件での守秘義務などの点で、国家権力による過度な遵守催促による介入とかが行われはしないかといった懸念も注意点として、様々な議論がなされているようです。