地方裁判所と裁判員裁判の役割

| 未分類 |

テクノロジー04裁判員裁判は地方裁判所で一定の重大犯罪である刑事事件が対象になります。
まず、地方裁判所ごとに管轄の市町村から、くじで選んで作成した名簿を基になります。
その名簿に名前が載ると、名簿に名前が載ったので、今後1年、裁判員に選ばれる可能性があります。という旨の通知が、辞退理由の中に自分が当てはまるものがないかどうか、という調査書とともに送られてきます。
裁判員をできない理由がない人に限り、一年間、どこかで裁判員として裁判所に呼ばれる可能性がでてきます。
事件の裁判があるたびに、名簿の中からくじで候補者が選ばれます。
候補者としてくじで選ばれた場合、質問票とともに呼出状が送られてきます。
質問票を返送し、辞退が認められる場合は呼出を取り消されます。
呼出を取り消されなかった人は、裁判員候補者として選任手続期日の当日、裁判所へ行きます。
そこで、裁判長から辞退希望の有無や理由、不公平な裁判をするおそれの有無などを質問されます。
その後、裁判員として、6人、必要な場合は補充裁判員も選任されることになり、最終の6人に選ばれて初めて裁判員ということになります。
裁判員は裁判に立会い、裁判官とともに有罪か、無罪か、有罪だとしたらどういった刑にすべきか、などを論議し、決定することになります。
司法の中に裁判員として市民の感覚を反映させる役割もあります。